tomo

予備校講師の教育論

夏休みの過ごし方~高2編~

高2は中だるみしやすいとよく言われています。実際に教え子を見ていても学習に身が入っていなかったり迷走しているケースは確かに多いです。理由は様々あれどもいきなり中だるみを改善!!というのは難しいです。夏休みのような長期期間は、まず自分自身を見つめ直すところからスタートしましょう。
予備校講師の教育論

夏休みの過ごし方~高3編~

高3夏休みは受験の天王山です。しかし、ここで頑張れば必ず合格というわけでありません。一か月の夏休み期間で3年間の積み重ねをこえることは現実期ではなく、場合によっては受験科目を絞る、志望校を変更することも必要になります。夏休みは全ての科目の底上げというよりも苦手の克服、あるいは必要科目のレベルアップを図っていきましょう。
予備校講師の教育論

自称進学校の罪深さ②

『自称進学校』と呼ばれる学校は、生徒に無理な量の課題を負わせたり、無理やり国公立大学への進学を勧めたりするなど問題がある。あくまで生徒に寄り添った指導でないと意味がないし、そういった行為が寧ろ学校を退化させてしまっているような気もする。
予備校講師の教育論

運の良さは捉え方次第

日常生活をしていると「運が良い」「運が悪い」と感じることがしばしばあります。この「運」ですが、同じ出来事でも捉え方次第で大きく変わっていきます。やはり前向きに行動する人は「運が良い」と感じやすいようです。何事も深く考え過ぎず、ときにはまずアクションしてみることも大事なのかもしれません。
予備校講師の教育論

寧ろハッカ飴だけ欲しいこともある

ステーキのどんで貰えるハッカ飴が大好きなのですが、売られている所を見たことがありません。果たしてどこで手に入れることができるのか…もしかしたら永遠に謎のままなのかもしれません。
予備校講師の教育論

自称進学校の罪深さ

『自称進学校』と呼ばれる学校が多くあることをご存知でしょうか。学校側のエゴで無意識のうちに生徒を妨害してしまうことが多く見られます。しかし、学校も問題ですが、それを疑問に思うことなく受け入れるだけの生徒にも責任があります。自分自身で「何が必要か」考えることを放棄しては何も身に付きません。それを突き詰めてこそ「自己解決能力」が身に付くのではないでしょうか。
予備校講師の教育論

大学入試に向けた学習法①

大学入試のシステムがここ数年で変化しており、テストの成績がよいというだけでは合格が掴めなくなりつつあります。ですが、そういった大学入試の変化を詳しく知っている受験生や保護者はごくわずかです。勉強法を一歩間違えると三年間を無駄に過ごすことにもつながりかねません。
予備校講師の教育論

日常の確率論

生まれて初めてガリガリ君の当たりを引いた際に「日常にも確率論は多いよな」と感じました。どこまでデータの精度が高いかはともかく、たとえ数学が苦手という人でも無意識に使うケースが多いのが確認であることは間違いありません。日常に潜む確率論にもそのうちしっかりと目を向けていきたいです。
予備校講師の教育論

改めて、予備校講師は「サポーター」であるべきと感じる瞬間

予備校講師は、どうしても自身の指導力という点に拘泥しがちです。そのためか、生徒は最終的には自身の努力で何かを掴み取るものですが、それをさも自身の手柄と思い上がることも多々あります。そうではなく、あくまで「サポートする立場」に徹してこそ真の予備校講師であるといえるのではないでしょうか。
予備校講師の教育論

成功の定義の危うさ② ~他者承認欲求~

「他人によく思われたい」という願望は誰しもが持ちうるものです。しかし、SNSの発達もあってかそれが行き過ぎた形で出るケースが多々あります。有名な本に「嫌われる勇気」というものがあり、そこでは他者承認欲求を捨てることが推奨されています。果たして他者承認欲求をどうするべきか…