共通テストまで二ヶ月弱…

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しております。
予備校講師の教育論
スポンサーリンク

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。予備校講師ハトです。11月になり急に寒さが増してきました。冬の訪れと共に『受験』を強く意識するようになるのは自分が予備校講師だからかもしれません。この時期になると、高3の塾生の顔に緊張感、不安感が強く表れてきます。

こういった緊張感を持つことは勿論大事です。しかし、これがあまりにも強すぎて本来の力を発揮できなくなったり、極端な学習法に手を出してしまって迷走してしまう生徒さんが残念ながら毎年います。そこで、今回はこの時期の受験勉強法について簡単に書きたいと思います。



スポンサーリンク

①とにかく基本の定着を確認する

初めに宣言しなくてはいけないこととして、この時期から点数を上げる科目について「暗記系科目」「計算系科目」のどちらに重点を置くか、という話はできないということです。これは人によって受験科目も違うし、苦手分野も異なるからです。この時期からでも点数を上げやすいのは「暗記系科目」だと個人的には感じていますが、これはあくまで「全体的に点数が振るわずどうにか点数を確保しなければならない」ケースに限りますので…

話が逸れましたので本筋に戻ります。一つ目に重要なことは「基本知識の定着」です。そして意識してほしいことは「基本知識=暗記」ではなくキチンと根拠まで説明できるようにする!!ということです。これは、共通テストが日常生活を題材にして考察させるなど兎に角「思考力」を必要とするものだからです。公式の暗記だけでは太刀打ちできません。共通テストというよりも、国が「学力の三要素」に重きを置いているから、というべきかもしれません。

2.新しい学習指導要領等が目指す姿:文部科学省
文部科学省:新しい学習指導要領等が目指す姿

そして、根拠をしっかり理解するということは共通テストのみならず二次試験にも生きてきます。難しい問題でなくとも基本問題で「なぜ」「どうして」をしっかり確認していきましょう。

スポンサーリンク

②実践練習の積み重ね

これはシンプルですが、下記の共通テスト実践模試や問題集をしっかり解き、本番でどのように解いていくか慣れていきましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2024年用共通テスト実戦模試(1)英語リーディング [ Z会編集部 ]
価格:1,430円(税込、送料無料) (2023/11/20時点)

楽天で購入

ちなみにZ会の問題はやや難易度が高いですので、不安な人は別のものでもよいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2024・駿台 大学入学共通テスト 実戦問題集 英語リーディング
価格:1,485円(税込、送料別) (2023/11/20時点)

楽天で購入

勿論、これも闇雲に解くのではいけません。意識することは「本番ではこういう感じの問題が出る可能性がある」と考え、まずは一年分必要な科目を本番と同じ時間、あるいはそれより10分ほど短い時間で解き、その後で解けなかったところ、不安なところを参考書や問題集で確認してください。

さて、ここで厳しいことを書きます。この作業の際、あまりにも解けないところが多すぎる…という場合、この時期から全てを克服することはまず不可能です。この場合は必要科目、すぐに理解できそうなものを優先的に学習し、少しでも点数を上げるようにしてください。いずれにしても「何でもっと勉強してこなかったのだろう…」と後悔する時間も勿体ないです。辛いかもしれませんが前を見てください。

スポンサーリンク

まとめ:日々の努力を怠らないで!!

さて、上記2つはあくまで僕の意見であり、それが自分に合わないと思ったら必ずしも守る必要はありません。ただ、本番へのプレッシャーから学習を疎かにしてほしくありませんし、極端な勉強法に手を出してほしくもありません。予備校講師としてはっきり断言できるのは「根拠を理解する」ことは小手先のテクニックでは会得できないということです。一つ一つを丁寧に、大事に学習してください。

それでは今回もご覧いただきありがとうございました。



ブロトピ:今日のブログ更新

コメント

タイトルとURLをコピーしました