薄毛同盟…②

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しております。
ふとした日常
スポンサーリンク

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。予備校講師ハトです。こちらは以前の記事の続きになります。

前回の記事を書いた後に、実際に検査をしてもらいに行きました。正直、どのクリニックがいいのか分からなかったので、ネットで検索して「AGAヘアクリニック」にて無料カウンセリングをしてもらいました。

AGA・薄毛の治療なら | AGAヘアクリニック(ヘアクリ)
AGA/薄毛治療の費用(長友佑都の本当の話)【ヘアクリ】 | AGAヘアクリニック。AGAの治療はAGAヘアクリニック(ヘアクリ)にお任せ下さい。AGAを専門とする医師が、薄毛や抜け毛などのお悩みをテレビ電話を使用し、遠隔で診察いたします。...
AGAヘアクリニックサイト



結論からいえば、僕はごく初期のAGAではないか、とのことでした。つまり「髪の毛が細くなってきており、今は平気でもこのまま放っておくと薄毛になっていく可能性が高い」段階のようです。

スポンサーリンク

デュタステリドの内服を勧められました

幸か不幸か、僕の髪の毛の状態は「増毛が必要」な段階ではなく、これから来るであろう(というか始まりつつある)抜け毛、薄毛の進行を止めることで十分とのことでした。

とはいえ、このまま放っておくと薄毛になってしまう可能性が高いということです。そこで、医師からは「デュタステリド」という薬の内服を勧められました。

【医師監修】デュタステリド(ザガーロ)の効果と副作用とは?服用の注意点も詳しく解説 | AGAヘアクリニック - 薄毛治療はヘアクリ 東京 秋葉原 医療法人社団則由会
AGAヘアクリニック(ヘアクリ)は、薄毛・AGA(男性型脱毛症)治療を専門とする病院です。場所を選ばず受診できるオンライン診療や、患者様お一人おひとりに寄り添ったカウンセリングと診察で最適な治療プランをご提供します。
AGAヘアクリニック:【医師監修】デュタステリド(ザガーロ)の効果と副作用とは?服用の注意点も詳しく解説

詳しい説明は上記リンクにありますが、この薬はAGAの原因となるDHTの生成を促す「5αリダクターゼ」の働きを抑制する効果を持ち、薄毛の進行を抑える「守り」の治療薬とのことです。つまり、髪を増やすというよりは、髪がこれ以上抜けないようにする、という方が正しいようです。日本皮膚科学会において男性型脱毛症の際の内服推奨度がAランク(行うよう強く勧める)となっています。

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

公益財団法人 日本皮膚科学会:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版

副作用として男性機能の低下や性欲減退、肝機能障害があるようですが、どちらも発現率は高くなく危険度は低いようです。

スポンサーリンク

ミノキシジルの「内服」は…

さて、もう一つAGA治療薬として有名なものが「ミノキシジル」です。こちらは上記日本皮膚科学会において外用、すなわち「塗布」であれば推奨度Aランクなのですが、内服についてはDランク(行うべきでない)になっています。内服した場合の副作用がかなり強く、安全性に課題があるからのようです。ですが、確かに発毛の効果は強いらしく、多くのAGAクリニックでは医師の指導のもとで処方されるようです。

髪を生やしたい人にとっては、リスクを承知でも手を出したい気持ちは分かります…難しいところですよね。

スポンサーリンク

デュタステリドを飲むか迷い中…

さて、僕は今からデュタステリドを服用すれば、どうやらAGAの進行は抑えることが出来そうです。しかしながら、本当に服用するか悩んでいます。

その理由として、こういったAGA治療薬というのは対処療法のため、一度服用し始めたらその後ずっと飲み続けなければいけないことが挙げられます。仮に服用を辞めると、一気にAGAが進行してしまうというのです。そこまでして薄毛の進行を抑えるべきか…なかなか悩み悩み所です。いざとなればスキンヘッドにしてしまうのもあり、とも思っていますし…兎にも角にも、もっと劇的なAGA治療薬が開発されるといいな…と思っています。

それでは今回もご覧いただきありがとうございました。




ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログを更新しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました